今が一番なんです

結局プラスマイナス0になるのが人生というもの。今を大切にしたいとの思いから綴ります。

*

快適な時間をありがとう

   

ヨーロッパへ遊びに行くという友人とランチをしました。
共通の友達がパリに住んでいるので、彼女に本を持って行ってもらおうかと思って。
百田さんの本ですw
いつもは3人でよくあうんですが
今回は一人がカナダに行っているので2人で会う事にしたのです。
私は、1ドル360円の頃に留学経験あります。残念な事に、当時在籍していたカレッジは今は跡形もなしになってしまってますが。
この1ドル360円の話をしたら
「船で行ったんですか?」
と聞かれてびっくりしました。
飛行機で行きましたよもちろん。
  
一緒にランチをした友人は、留学先で留学していた男性と日本に帰ってきて結婚
もう一人の友人は、日系カナダ人で日本人と結婚してますけれど、定期的にカナダにヴィザの関係で帰ってます。
3人で合うといつも、あ~快適w
3人共にこんな共通の悩みがあります。
「嫉妬、変人扱い(日本でのみ)、価値観の相違(日本を出たことのない人との)」的な悩みがね。
しかも日系カナダ人の友人は、日本語より英語が先に出てしまっていたので
どこへ行っても変人扱い
(いまならボランティアで英語教えてって言われそうw)
私はその後、日本と海外との行ったり来たりが続いていて
帰って来ると
色々聞いてくる人とかいるので、話をしていたら
「あの人やっぱりちょっと変わってるね、海外が長いからね」と陰でヒソヒソ。。。
留学先で知り合って結婚した友人は、たぐいまれなる気働きができる方で
日本社会でも問題なくうまくやっています。
でも
「息苦しい。。。」とぼやいてます。
根回ししたり。。。ご機嫌とったり、順番を間違えると大変。疲れる。。。とね。
合う度に
「あなたがうらやましい~」
「じゃあ、私みたいにすればいいのよ」
そんな私達なので合う時はいつも本音。
誰がどんなことを言っても「認め合う」世界。
そんな世界が有るんです。
ユニーク=特別、変・変わってる=個性的
人種は関係なくて、成功すればヒーローの世界では、頑張った人にみんな喜んで拍手拍手。ハグハグです。
松井がMVP。イチローが有名アナウンサーに褒め称えられる。
日本ではどうでしょうか?
今は、まだなかなか難しい。
人とのコミュニケーションが大切だと言われていますが、
必ずしも上手な人ばかりでは無いですよね。
しかしながら最近はアメリカでも
クワイエット(邦題 内向型人間の時代 スーザン・ケイン著)という本がベストセラーになり、

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

新品価格
¥1,944から
(2016/5/17 13:28時点)


あのアメリカでさえ、静かな人への偏見が蔓延していて、苦しい思いをしていた人が多かったのです。
でもクワイエットな人で有名人はアップル創業者やビル・ゲイツ。そのほか沢山。政治家ではゴアさんもその仲間に入っています。
静かに、一人で考え続ける人が成功を手にする確率が高いとその著者は言っています。
こそばゆいですが、
その本では日本の「沈黙は金」や日本人の静かさこそが最高だと言っています。
静かに、そのままを受け入れる広さが根底にあってこその
コミュニケーション力ですよね。
日本人は、騒々しいアメリカ人を真似する必要など全く無いと思います。
静かで、表現が派手でなくても全く問題無いと自信を持つべきです。
日本以外で生活してみるとホントに偏見が邪魔になる気がします。
仏教が北米で人気なのも、分かる気がしますし、ある意味当然の流れかも知れません。
色々な人を受け入れる、素晴らしい文化を大切にしたいものです。
ランキングに参加してます
宜しければクリックお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村

 - 日記