今が一番なんです

結局プラスマイナス0になるのが人生というもの。今を大切にしたいとの思いから綴ります。

*

外人から見れば信じられない日本人

   

ハロウィンの時期になってきましたね
いつの間にかこのお祭りも定着してきましたね
ケルト人の収穫感謝祭がカトリックに取り入れられたものだそうです
ケルト人の1年の終わりは10月31日でこの夜は死者の霊が家族を訪ねたり精霊や魔女が出て来ると信じられていたそうです
悪魔や悪い精霊から生きてる人たちの身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火をしていたそうです
これにちなみ不気味なものや怪物、魔女などに扮するお祭りとして続いてきたそうです
キリスト教の地域でも全く行わないところもあるそうですからイロイロですね
日本のように何でもお金儲けのイベントにしてしまうと、宗教も何もあったもんじゃないですけどね
でもそれが日本の良いところでもあると思うんです
もともと日本には八百万の神々を敬う流れがあり、一つの宗教以外は認めないという習慣があまりありません
宗教は人の心の中心に位置してしまう傾向が有りますから
信じるもの以外は受け付けないとなってしまうと
戦争にまでなってしまうほどの恐ろしさを併せ持っているのが宗教のようです
アメリカなどでもニューヨークやロサンゼルスに住む人たちの中には無宗教の人が多く住んでるようですが
ちょっと田舎に行くと
人々の中心には教会がデーンと座ってます
日曜日に教会に行かないなんて事は考えられないし
なんかって言うと教会の地下ホール(だいたい教会には地下にホールがあるみたいw)でお茶会をしたりボランティア活動の集まりをしたり、また保育園や幼稚園のようなものがあたりして地域の活動に深く根付いているんですよね
海外へでかけて行った時、宗教の話はしないほうが良いですよ
ましてや
自分は無宗教だなんて胸を張って言い出したら
すごい事になる可能性ありますwww
それこそ
人間性を疑われ兼ねない所までね
今の中東の戦争の記事などを読むと、根強い宗教戦争の様相を呈しているのですから難しいですよね
そこへいくと
日本の人は、結婚式はキリスト教の教会で、でもお葬式はお寺で、季節ごとのお祭りは神社でなんて事全然平気ですからね
こんな事外人は信じられないかもしれませんよ

 - ライフスタイル